読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭からポロリ

男女子育て中の母。ニュースアプリ好きで、毎日チェックしてます。その日気になったネットニュースの記事について一言書き記すスペース。興味のあるジャンルは社会、育児、カルチャー、海の生き物、宇宙など。

いざというとき逃げる人というイメージ

概要:

当て逃げしたことを受け、ノンスタイル井上のハグイベントを中止した

 

なんか同乗者がいたと話題になっているけど・・・(しかも先のM-1で活躍したお笑い芸人 スーパーマラドーナの武智)

 

事故の状況がちょっと詳しくわからない(止まったとか止まってないとか)のでなんともいえないけど、ガリっとやった自覚があって逃走するのはやっぱりダメだよね。

 

この人ブサイクランキングとかで殿堂入りをはたしていたり、ポジティブ発言で人気だから日めくりカレンダーを出してなかなか売れていたりしたじゃぁないですか。

そうやってイメージを売っていたのに、いざこういう場面に遭遇すると

「バレなければいい」

という方に向かってしまうのかよく分からない。

 

バレなければいいという行いをしたあとのイメージについては気にならないのだろうか。

それともほんとにバレないって思っていたんだろうか。

 

私は正直この人のイメージ変わってしまったな・・・別に好きでもキライでもなかったけど。お笑い面白かったのに。

いざというとき逃げるヤツじゃん、って。

 

というわけで、上記のリンクによると今回のハグイベントは中止するが、1月以降内容を変えてイベントするかどうか検討している、とあるけど

損なったイメージでは難しいんじゃないのかな?と思った。

 

本当のしたたかさがあれば、逆境を逆手に取る神対応もあるかも。